20代外資営業マンパパの投資とキャリアのリアル体験記

25歳1児パパが早期退職を目指して投資と仕事や子育てに奮闘した体験をシェアし少しでも世に役立てるサイト

転職後の仕事・生活の変化について 〜外資で自由ななはずが、社畜に?〜

f:id:investordad:20190509232314j:plain

 

 

どうも。

現在、23時23分、ようやく落ち着きました。

昨日はなんと徹夜で資料作り。

マクロ・VBA・RPAもどきを駆使しているのにこの有様です。

 

さて、タイトル通りに社畜みたいな働き方をしている私ですが、

意外とウチの会社の人は社畜が多いです。

前職よりも圧倒的に多いです。

 

外資系なのになんででしょうか?笑

 

転職前までは、

外資系に入れば、バラ色の生活が送れ、

定時退社&高収入と思っておりましたが、

現実はそんなことありませんでした。

 

むしろ、時給換算したら残業代が出る分、前職の方が高いかもしれないです・・・

 

外資系の職種にもよるのでしょうが、

私の場合は自宅勤務OKのため、事業場外みなし労働のため、勤務時間の管理がありません。

そのため、いくら働いても1日8時間しか働いていないことになっております。

 

そもそも、事業場外みなし労働とは?については下記をご覧ください。

労働基準法 第38条の2
第1項 労働者が労働時間の全部又は一部について事業場外で業務に従事した場合において,労働時間を算定し難いときは、所定労働時間労働したものとみなす。ただし,当該業務を遂行するためには通常所定労働時間を超えて労働することが必要となる場合においては,当該業務に関しては、厚生労働省令で定めるところにより,当該業務の遂行に通常必要とされる時間労働したものとみなす。
第2項 前項ただし書の場合において,当該業務に関し,当該事業場に,労働者の過半数で組織する労働組合があるときはその労働組合,労働者の過半数で組織する労働組合がないときは労働者の過半数を代表する者との書面による協定があるときは,その協定で定める時間を同項ただし書の当該業務の遂行に通常必要とされる時間とする。
第3項 使用者は,厚生労働省令で定めるところにより,前項の協定を行政官庁に届け出なければならない。

 

www.mibarai.jp

 

 

とはいえ、

1日8時間で終わるような仕事だけを与える会社ではありません。

外資系は少数精鋭のところが多く、

一人当たりの仕事量が多い分給料も高いみたいな構図です。

となると、勤務時間が必然的に長くなるわけです。

さらに、

成果が出なければ最悪クビです。

 

そんな状態の中、サボり少ない時間だけ働こうと思ったら、

完全にアウトです。。。

 

エクセルや自動化に詳しい私でさえこの有様です。

そんなの知らないよという人はさらに働いていると思います。

 

おそらく仕事量が少なく自由な働き方をできる会社であれば天国です。

満員電車に乗る必要はありませんし、

帰る時間を気にする必要もありません。

 

転職時は一人当たりの業務範囲や時間は聞くべきかなとすごく感じました。

 

そんなこんなな生活のため、

家族との時間は一切ありません。。

 

ワークライフバランスは大事だけども、

出世しやすい人は結局がむしゃらに働いて成果をアピールできている人な気がします。

 

今は我慢して、スキルアップして落ち着く、と捉えればなんとか乗り越えられますが、

長く勤続するのは難しいなと感じています。

 

今はとにかく働きたいという人には、ぜひお勧めしますが、

家族がいて、時間も大切という方は、

安易に給与が上がるからと外資系に踏み込むと地雷を踏む可能性がございますので、十分にご注意ください!!

 

See ya!!

 

 

 〜転職関連記事〜

www.investordad.work

 

 

www.investordad.work

 

 

www.investordad.work